どれがいいの?後悔しないオフィスの選び方

失敗しない立地選びのポイント

オフィスの内装は入居後に変えていくことが出来ますが、オフィスの所在地は変えることが出来ません。そのため、入居後に後悔しない立地を選ぶことがオフィス選びには最も重要だと言えるでしょう。立地を選ぶとき、交通アクセスやその地域のエリア感が大事なポイントになります。アクセスを考えると駅周辺であることが重要視されがちですが、遠方からの来客が少なかったりローカルな範囲でのビジネスが主であれば、他の交通手段の方が便利なことも多く駅の近くであることが絶対条件とはならないでしょう。また、エリア周辺の環境がビジネスのニーズに合っているかどうかも重要なポイントです。エリア感は地図上で見ているだけではわからないので、実際にオフィスがある場所へ足を運んでみるのも良いでしょう。

内見時に注意すべき点

好条件の立地にオフィスが見つかれば実際にオフィスを内見させて貰いましょう。良い環境で働くためにもオフィスの内装をきちんと見極めなければなりません。まず最初に考えることはオフィスのスペースです。従業員の数や、来客の有無で必要となる広さは変わってきます。また、将来的に従業員の数を増やすつもりであれば、それを含めて広さを検討しなければいけません。転居してくる場合であれば、今まで使っていたものが使えるスペースがあるかどうかも考えなければいけないでしょう。また、オフィスの顔とも言える玄関も重要です。広い方が良いのはもちろんですが、日当たりなども考え、暗い印象にならない玄関であるかを確認しましょう。その他にも電気容量や空調、電波状況など、注意しなければいけない点はたくさんあります。内見でしっかりと見定め、良いオフィスを見つけてくださいね。

中央区で賃貸オフィスを探すときは、快適性を重視することが大切です。駅から近い、立地条件が良いなどの色んな要件があります。