一人暮らしをする時の賃貸住宅の選び方とは?

便利なお店が周りに多くある所を選ぶ

一人暮らしをする時は、一人で食料品や生活用品を購入する必要があります。家族と一緒に住んでいる場合だと、生活用品などを家族に購入してもらうことが出来ますが一人暮らしだとそのような事が出来ないですよね。そこで、自分が住む住宅の周りにスーパーやコンビニ、家電量販店やドラッグストアなど便利なお店が多くあると、簡単に食料品や生活用品などを購入する事が出来ます。もし、便利なお店が自分が住んでいる住宅から遠い距離にあると、購入するだけでちょっとした負担になりますよね。

そこで、賃貸住宅を選ぶ時には、部屋の間取りや雰囲気さらに設備だけを見るだけでなくて周りの環境も調査しましょう。実際に物件を見学した時に、周りにどのようなお店があるのかをちょっと確認するだけである程度把握出来ます。

マンションよりもアパートがおすすめ

一人暮らしをする人が賃貸住宅を選ぶ時には、マンションよりもアパートを選ぶようにします。なぜアパートの方が良いのかというとまず家賃が安い事が多いからです。一人暮らしだと親に頼るのではなくて自分で家賃を支払っていくのが基本になりますよね。もし、家賃が高いとそれだけ金銭的な負担が大きくなり、自分の給料が少ない場合だとかなり苦労します。まだ社会人の新人で給料が少ない場合は、少しでもお金の負担を軽減するために家賃が安い所に住むようにしましょう。

また、アパートだと2階建てや3階建ての物件も多くあります。そうなると、引越し作業が楽になるというメリットがありますよね。一人暮らしをする時に、引越し作業を一人で行う場合だとなるべく下の階に住む方が荷物運びの負担が軽減されます。

網走の賃貸は中心部ではマンションやアパートが多くあります。一人暮らし向けの1K-1DKであれば3.7万円、家族向けの2LDK-3DKであれば5.8万円程度が平均となっています。