注文住宅を購入する時の住宅ローンの準備で大事になる2つのポイント

信用情報をホワイトにしておこう

住宅ローンの審査は、クレジットカードやショッピングローンの審査よりも難しくなっている事があります。そこで、住宅ローンの審査に通るための準備として信用情報をホワイトにしておく事がポイントです。クレジットカードやショッピングローンなどを利用する人は、返済の時に1日も延滞しない事が重要になります。もし、延滞した事がなくて自己破産などの債務整理をしたことがなければ信用情報がホワイトになっている可能性が高いです。つまり、住宅ローンの審査の時に高く評価されるでしょう。

逆に延滞した事があったり、債務整理をした場合だと信用情報がホワイトでないです。つまり、一定期間の間は住宅ローンの審査に通りにくいので大きなマイナスです。信用情報は、それだけ住宅ローンの審査で大事になる事を覚えておきます。

ベストな保証人を準備しておく

住宅ローンの審査の準備で大事になるのは、ベストな保証人を準備しておく事です。住宅ローンに申込む時には、保証人を準備しなければいけない事があり、この保証人が審査に大きく影響してきます。そこで、保証人はなるべく年収が高くて、今までクレジットカードやローンなどの審査に落ちた事がない人を選びましょう。保証人を慎重に選ぶ事によって、住宅ローンの審査において大きなプラス要素となり高い確率で審査に通る事が可能です。

ただ、いくら保証人に対する評価が高くても契約者の年収が低かったり、勤務年数が短いなどの問題があると審査に通らない事があるので保証人頼みにならないようにしましょう。

名古屋の注文住宅の特徴は、屋根・壁に断熱素材を使用するのが特徴です。夏、屋外が高温になった時でも室内環境を快適に保てます。