年代別の住宅ローン時のメリットをご紹介!

20代の注文住宅購入のメリットとは!?

マイホームを買いたいと思っても、いつ購入するのがベストなのか悩みはつきないでしょう。20代、30代とそれぞれの年代で購入するタイミングによって、メリットには違いがでてくるものです。では、20代で注文住宅を購入するメリットとは、どういう点が挙げられるのでしょうか?一番のメリットというのは、若い年代でローンを組むことで、返済期間を長期に設定することができ、退職までの完済プランが明確に立てやすくなることです。会社を退職する前に完済する計画を立てておけば、将来は老後資金の準備も早めに進められるということになります。退職後は収入も減るため、ローン返済の心配をしなくても良いということも、大きな魅力となるでしょう。

30代で注文住宅を購入するメリットについて

30代で注文住宅を購入する最大のメリットは、家族構成がほぼ定まるため、家族の人数と部屋数を合わせて家造りができることです。それぞれのライフスタイルに合わせて、ズレのない住空間をつくれるところがポイントで、失敗の少ないマイホームづくりが叶います。また、住宅ローンを組むときにもメリットがあるんです。30代で収入が増えることに伴い、頭金の貯蓄や借入限度額も増えます。頭金の貯蓄額が増えると借入金額を減らすことや返済期間を短くして完済することも可能です。一方で借入限度額枠が大きくなると、購入可能な住宅の選択肢を広げられます。20代30代とそれぞれメリットがあるので、将来を見据えて慎重にベストな購入のタイミングを見極めていきましょう。

福岡の注文住宅には日本家屋だけでなく、レンガ作りや鉄筋コンクリートなど洋風建築にも対応して建設することが可能です。