都市部で憧れの注文住宅!!変形地に建てても大丈夫?

都市部で注文住宅を建てるときの注意

全国にはいろいろな地域があり、東京などの都市やその周辺であったり地方や田舎と言われるようなところもあります。仕事は都市部で行っていてもなかなか土地が買えずにできるだけ郊外を選んで建てるときもあるかもしれません。都市部で注文住宅を建てるときは、住宅の価格に占める土地の割合が大きくなるのでそれを考慮しないといけないでしょう。あまり希望を叶えられない可能性もあります。都市部で住宅を新たに建てるのであれば、都市部の住宅ならではの問題を解消する設備も必要でしょう。夏はヒートアイランド現象により暑くなりがちなので、省電力ながら暑くなりにくい設計が必要かもしれません。都市部は犯罪が地方に比べて多い時もあるので、防犯設備を充実させる選択も必要でしょう。

都市部なら変形地を探してみる

都市部の住宅地は既に整備されているところが多く、区画なども古いままのところも結構あります。四角や長方形などの土地であれば建物が建てやすいため購入希望者も多く、土地の価格もその周辺の相場に応じたものになるでしょう。都市部で注文住宅を建てようとするとどうしたも地価がネックになりがちですが、その時は変形地や狭小地と呼ばれる土地で建てると良いかもしれません。変形地等は一般的な住宅を建てるのが難しいと敬遠されがちで、その分土地の価格は周辺の相場よりも安くなるケースがあります。ただし変形地や狭小地は土地は安く手に入るものの設計などにかかる費用が高くなる可能性があります。将来的に売却しにくい点も頭に入れておきましょう。

愛知の注文住宅はペットを飼育されている方にとって嬉しい、ペットが快適に暮らせる内装設計にも対応しています。